婦人

不用品をリサイクル|使わない厨房機器は買い取ってもらおう

資源としてリサイクル

ゴミ箱

環境保全にも貢献

工場や事業所で発生する廃プラは、そのまま廃棄物として処分しないで業者に引き取ってもらうようにしましょう。これまでは処分費用を支払っていたのに対して、引き取ってもらうことにより処分費用を軽減することができ、廃プラの種類や量によっては買取ってもらうこともできます。また、廃プラを不燃物として埋め立て処理してしまうより、買取業者に引き取ってもらえれば、リサイクルして再び利用することができるため、地球環境保全への貢献にも繋がります。どんな廃プラであっても買取ってくれるわけではありません。事前に廃プラの種類と状況を確認と現地での確認によって買取価格が決まります。樹脂の種類がバラバラで、金属が付着していたりすると買取価格がつかないだけでなく、引き取ってくれないこともあります。買取価格をあげるためには、樹脂の種類を分別して、金属やラベルも外しておくことが理想的です。樹脂を粉砕してあった方が高く買取ってくれますが、粉砕するための機器を導入してしまうとコストをなかなか回収できない場合には粉砕する意味がなくなりますので、発生する廃プラの量と買取価格をもとにして考えるようにしてください。廃プラを引き取る業者は、自社で分別・粉砕してリサイクルをしているところもあり、そのまま中国などのリサイクル工場に送るところもあります。自社でリサイクルをする業者は、分別がしっかりされていれば高価に買取ってくれる傾向があり、外国に送る業者は樹脂の種類や形状がバラバラであっても引き取ってくれる特徴があるので、発生する廃プラの量と分別可否を考慮して、引き取ってもらう業者を決めるようにしてください。